看護師の種類ガイド

保健師とは

保健師とは、地域住民や企業の従業員などの健康維持や推進、病気や怪我の予防などのために活躍する人の事で、主に保健指導などを行うとされています。この保健師の主な活躍の場は、各市町村などの保健所や市役所、一般企業、学校などとされており、勤務先の種類によっては業務内容なども異なってきます。

一般に、保健所や市役所などに勤務する保健師を「行政保健師」と呼び、地域住民に対する保健指導などを行っています。また、一般企業に勤務する保健師を「産業保健師」と呼び、企業に勤める従業員に対する健康管理や相談などを行っています。さらに、学校などに勤務する保健師を「学校保健師」と呼び、広くは「養護教諭」とも呼ばれている、保健室の先生の事を言います。ただ、学校保健師の場合は、小中学校などよりも大学に勤務する事の方が多く、小中学校などに勤務する学校保健師は必ず看護師免許を持っているものではないとされています。

こうした保健師になるためには、看護系大学を卒業あるいは看護師養成所を卒業する必要があり、さらにその後、保健師養成所を卒業すれば、保健師の国家試験を受験するための資格を得る事ができるのです。そして保健師の国家試験と看護師の国家試験の両方に合格すれば、厚生労働大臣許可の国家資格を取得する事ができるのです。

このように、保健師には働き方の選択肢がいくつかあり、また、活躍の仕方もさまざまなようです。また、資格も国家資格となっていますので、非常に有望であり、いくつになってもこれを生かした仕事に就く事ができるのです。

このような保健師の資格をも取得している看護師は、転職支援サービスを利用する事で看護師ではなく、保健師という今までとは異なったフィールドでの活躍をする事もできるようになります。転職支援サービスに相談してみると、そういった求人情報も多数存在する事が確認できるでしょう。

※保健師専用の転職サイトはコチラから

保健師という名称ではありながら、どこか看護師の仕事を思い出させるような部分もあり、しかも看護師の資格を十分に生かしながら保健師として活躍していけるのですから、満足のいくものとなりそうです。しかも、似た仕事であるのに、そのハードさには大きな違いがありますので、腰を据えてじっくりと取り組む業務に移行したい看護師には向いていると言えます。転職支援サービスを利用して、高待遇はもちろんの事、資格を十分に生かして活躍できる現場への転職を成功させましょう。

↓ 【看護師さん必見】転職エージェントを活用しよう(完全無料) ↓

第1位:ナースフル   ※テレビCMでも有名!リクルートグループ運営で安心。

豊富な求人数を保有しており、思いがけない職場に出会える可能性が高い「ナースフル」
「無料登録しておいて良かった!」という声多数の、人気NO.1のサービスです。




第2位:マイナビ看護師   ※コンサルタントの質の高さに定評

転職業界の雄、マイナビグループが運営する「マイナビ看護師」が2位にランクイン!
悩み相談をはじめとする、コンサルタントのサービスは業界屈指です。




第3位:ベネッセMCM  ※希望とのマッチ度に定評あり

「希望する求人」と「紹介される求人」がマッチするように拘っているのは嬉しいところ。
対応地域は、東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・大阪府・兵庫県の1都5県。




▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2015 看護師の種類ガイド All Rights Reserved.