看護師の種類ガイド

助産師とは

助産師とは、女性の妊娠および出産に関わる仕事をする人の事で、主に産婦・じょく婦・新生児の保健指導を行うとされていますが、最も一般的なイメージは、出産に関わる仕事といったところです。

この助産師の資格は、厚生労働大臣の免許を受ける事になりますので、国家資格と言えます。助産師の資格を取得するためには、@看護師の資格を取得した者A指定の教育機関において3年以上看護師になるための教育を受け、修了した者B外国で看護師学校を卒業した者C外国で看護師免許を取得し、厚生労働大臣がその知識および技術などの能力が一定以上と認められる者D指定の教育機関において1年以上の助産師になるための教育を受けた者E指定の助産師養成所を卒業した者F外国の助産師学校を卒業した者G外国で助産師免許を取得し、厚生労働大臣がその知識や技術などの能力を一定いじょうであると認めた者・・・に、助産師国家試験の受験資格が与えられるとしています。この後、助産師国家試験を受験し、合格すると晴れて助産師になる事ができるとしています。

そして、助産師の大きな特徴としては、「女性しか助産師になれない」といった点です。看護師や保健師などは性別を問わず、資格を取得する事ができるのですが、助産師だけは、日本においては「女性のみ」とする規定があるのです。また、助産行為に関わる事ができるのは、医師と助産師のみに限定されており、中でも助産師の行う事のできる助産行為は、正常分娩のみとされています。

このように、助産師の行える助産行為にはある程度の限定もあるのですが、個人で助産院を開業する事もできますので、専門性の高い職種であると言えます。助産師になろうとする人には、看護師免許を持った人も多く、看護師としてのその知識と経験をも生かす事ができるとして人気を集めています。

現代における少子化の問題には、産院の激減といった事も背景にあると言えます。安心して出産できる環境が少なくなった今、昔ながらの助産師による出産を選択する人も多くなってきています。もちろん、正常な過程を経てきた人に限定はされてしまいますが、家庭的な雰囲気の中で安心して出産できる助産院はこれからも多くの人に必要とされると言えます。

このような助産師になって転職したいと考える看護師は、転職支援サービスを利用してください。産院が減っていく現代ですが、助産師の活躍の場は、なくなることはないといえます。

↓ 【看護師さん必見】転職エージェントを活用しよう(完全無料) ↓

第1位:ナースフル   ※テレビCMでも有名!リクルートグループ運営で安心。

豊富な求人数を保有しており、思いがけない職場に出会える可能性が高い「ナースフル」
「無料登録しておいて良かった!」という声多数の、人気NO.1のサービスです。




第2位:マイナビ看護師   ※コンサルタントの質の高さに定評

転職業界の雄、マイナビグループが運営する「マイナビ看護師」が2位にランクイン!
悩み相談をはじめとする、コンサルタントのサービスは業界屈指です。




第3位:ベネッセMCM  ※希望とのマッチ度に定評あり

「希望する求人」と「紹介される求人」がマッチするように拘っているのは嬉しいところ。
対応地域は、東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・大阪府・兵庫県の1都5県。




▲このページの上部へ
Copyright (C) 2011-2015 看護師の種類ガイド All Rights Reserved.